ビットコインの今後と将来性|2020年の最新価格予測

ビットコインに次いで有名な仮想通貨の1つに「ビットコイン」を挙げることができます。

さて、ビットコインは今後の将来性はあるのでしょうか・・?2020年の価格予測と、それ以降の値上がり可能性・将来性に関して、9人の投資家に意見を聞きました。

ビットコインの将来は厳しい・値下がりを予測する意見

ビットコインの将来性は失われていく可能性が高い

  • 1.安全性に関しての問題
  • 2.コンピュータの発展速度の問題
  • 3.新規参入のしやすさの問題

安全性に関しての問題

マイニングなどで処理能力がある端末を使用している側は他の端末を押しのけて仮想通貨の取引の処理を手伝うことができます。ですがこの部分に問題があり、逆を行ってしまえば、仮想通貨の取引をすべて書き換えることも可能です。内容を書き換えられては、仮想通貨の取引所の信用がなくなります。

これについては、新しく演算装置が日夜開発されており、スパコンなどを使用することで情報を書き換えることができ、そのコンピューターの端末の性能のほうが早く上回るということです。その為、取引結果を改ざんさせて信用を失わせるなどの問題もあります。スパコンが新しく登場した際、大きく仮想通貨の価格が下落したのはこのためかもしれないです。

コンピューターの発展速度

に関してです。コンピューターの発展速度が、取引所や仮想通貨の暗号化プログラムの改良よりも早く進化を遂げた場合、暗号化プログラムを解析することができる可能性も高いです。

これは何も、正規で暗号化のキーを複製しようというのではなく、ハッキングにおいても同様に高性能なパソコンと高速回線を利用することにより情報を入手される可能性があるということです。つまり、コンピューターが進化すればするほど裏で何が起きているかわからないうちに情報を抜き取ることも可能になるということです。

新規参入のしやすさの問題

仮想通貨は現在どの銘柄においても価格がこれから始めて仮想通貨を所有するには高すぎる金額です。このビットコインも同様に下落こそしていますがまだ価格は高く、さらに下落するか高騰するかというどちらかしかない選択肢においては初心者の方が投資をするのにはリスクが高すぎるということです。

新規で参入することが難しい場合、投資家の方が投資をして利益を出しますがその投資家の方も価格が下落すれば離れますし、高騰すれば集まってきます。お金がない人においては参入し辛くたとえ仮想通貨に便利な機能や決済方法が追加されても、価値が高くなるか低くなるかでは博打です。果たして博打みたいなものにお金を投資するかどうかが問題であるということです。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

暗号化自体は強固であっても個人のパソコンの情報を盗み取るなどの他暗号化されているサーバーの場所さえわかれば後から不正侵入するなど方法はいくらでもあり、最悪、仮想通貨のデータを入手できなくても破壊することは可能なはずです。

つまり、現在の所強固であるサーバーもいずれ防御面において攻撃を企てる方が勝る可能性が高いということです。これは侵入者側の性能が上がり、不正に侵入を許してしまい、仮想通貨のデータを取られるということです。

将来は厳しく2021年以降、徐々に値下がりする。

  • 1.コインの「売り」が「決済性能」だから
  • 2.他の仮想通貨の様な付加価値が少ないから
  • 3.発行総数がBTCの4倍もあるから

1.売りが決済性能だから

ビットコイン自体の基本的な開発コンセプトが「決済性能」(決済にかかる時間を短縮する)を高めることで日常生活における通貨としての利用を促進し普及させようとの狙いです。

ところが世界の主要な国では「キャッシュレス決済」が順調に普及し、日本でも従来のクレジットカードと交通系ICに加えて、nanacoやWAON等の流通系ICが普及しさらにはPayPay、楽天Pay等のQR決済も次々に登場して一定のシェアを確保しつつあります。

いくら「決済性能」を高めたとしてもこれらの決済方法にビットコインのスピードが追いつく事が難しく、一番の売りがアドバンテージにならない以上はやはり普及そのものが難しいと言わざるを得ません。

仮想通貨は基本的には「通貨」として評価される側面があり、その点では他のキャッシュレス決済に見劣りする以上は将来性は厳しいと考えるのが妥当だと言えます。

2.他の仮想通貨の様な付加価値が少ないから

ビットコインはビットコインの派生で、純粋な仮想通貨と言えます。従ってイーサリアムの様なスマートコントラクト機能も
ありません。同じ決済能力という点においても「リップル」の様に開発そのものが「決済/送金」に特化したプラットフォームとして開発された通過には劣ります。

また現在の価値は低くとも、後発で開発されたアルトコインには例えば匿名性を高めたり、様々な付加機能をつけて利用者にそのコインならではの機能でアプローチして普及を図っています。

この観点からもやはりビットコインの将来性は厳しいと考えています。

3.発行総数がBTCの4倍もあるから

売りである決済性能を実現する為ににビットコインのブロックチェーンにおけるブロックの生成スピードはビットコインの4倍の約2.5分に一回という速さになっています。

これは、ビットコインに比べて4倍の速さでチェーン上の総データ量が増えていく事を意味しますのでマイナーのデータ保持の負担が高いことを意味します。

そして将来的なビットコインの発行総数も4倍の8400万コインとされています。

上記の1および2の要素によってビットコインの価値が下がってくるとデータ保持の負担が大きいコインはマイナーに敬遠されることになっていくと考えられます。さらに仮想通貨の価格を維持する要素の1つである総埋蔵量である発行総量の多さは1コイン当たりの価値をますます押し下げることになると予想されます。

ビットコインは将来性あり・値上がりを予測する意見

ビットコインは将来性あり。今後は上昇していくと思う

  • 1.ビットコインがFTFに上場するから
  • 2.迅速な決済手段を求めるから
  • 3.海外では有名だから

1.ビットコインがFTFに上場するから

2019年内にビットコインFTFが成立するといわれており、もし、成立すればビットコインの需要があがるといわれています。理由は、ビットコインが成立すると資産としての地位を確立するためにビットコインに需要が高まるからです。ビットコインは決済手段としてはとても手軽なので、利用しやすく人気があります。ですので、ビットコインFTF次第で上昇すると言ってもいいでしょう。ビットコインFTFへ注目を集める必要がありそうです。

2.迅速な決済手段を求めるから

2019年以降は仮想通貨が投資ではなくて実用へと変わっていくといわれています。実用するには手軽な通貨のがやりやすいので、ビットコインがさらに注目されるでしょう。同じようなものにビットコインがありますが、ビットコインよりも多く発行され、なおかつ流動性を備えてブロック承認の早い通貨は市場から求められると予想します。

3.海外では有名だから

日本ではまだまだ有名ではありませんが、海外では主流となっています。知名度があれば当然今後も人気が出てきますし、海外で人気ということはそのうち日本でもさらに人気が出るでしょう。また、ビットコインは実は意外と歴史がある仮想通貨なので、信頼という面でもいいのですよ。また、歴史が古いということはそれだけ知名度も高くなるので、今後さらに人気となっていくでしょう。日本は今後ビットコインが確実に人気になって注目されます。

このように、ビットコインが何故上昇するかについて紹介しました。ビットコインはまだ海外の方が有名というイメージがありますが、これから日本も流行するでしょう。また、将来性も抜群なので余計に人気が出そうですね。2020年はまだ先ですが、今後の予想をしてビットコインをみていきたいですね。まずは海外での動向に注目することが大切です。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

取引量が増加して問題が増えたことで法整備が進められてきてそれにより、仮想通貨が利用しやすくなったので、取引する人が増えていくと思います。さらに、利用者が増えることで信頼度が向上するため、ますます利用する人が増えることになります。仮想通貨はたくさんありますが、どの仮想通貨もこれからもっと利用者が増えるのでさらに、価値があがる可能性があるので価値はどんどん上がっていくことでしょう。今後の将来性が期待できると言っても良いです。

ビットコインは2020年以降、大きく飛躍する可能性があり、2020年以降は値動きが上昇する

  • 1.半減期を迎えるため
  • 2.価値市場の動きがあるため

1.半減期を迎えるため

2017年に最高値をマークしたビットコインは、一旦下落傾向にあったのですが、それから徐々に持ち直して来ています。2019年の前半までは、ビットコインの値動きに連動するように上がってきたのですが、今では、その動きとかけ離れて、独自の動きで値が上昇し続けています。

それはビットコインが半減期を突入しだからだと推測されます。半減期になり、ビットコインの価値が上昇すると予測した人達がさらに購入しているからです。

半減期になると仮想通貨の採掘する報酬が減って行くのですが、この状況に合わせて価格が上昇してくるために、ビットコインの価格も上向きになると予想されます。

2.ビットコインの価値を高める市場の動きがあるため

また、ビットコインの価値を高くする動きが経済面でも見ることができます。2018年にアメリカの決済を代行業務をしているAliant社が、ビットコインを決済する仕組みを導入すると表明したからです。

これにより、ビットコインが決済手段の1つとして、ますます普及・拡大していくことが予想されます。

モバイル決済サービス「LitePal」のリリースも控えており、決済手段としての普及拡大が見込まれています。この利用普及においては、モバイル決済サービスのLitePalも、グローバル規模のビジネス取引においてビットコインが利用されます。

これも更なる決済手段として普及加速を牽引することになります。しかも、ビットコインは、マイナーと呼ばれる専用のコンピュータにより、高い信頼性が担保されていることから、このマイナーへの報酬として、酬として、時間にして2分半毎に25LTCが発生します。

マイナーへの報酬が半額となるタイミングは、2019年8月中旬であったことからも、半減期になる数ヶ月前に価格が上昇していくのです。
これらのことからもビットコインの大きな成長と拡大が見込まれ、その傾向が2020年にも続くと思われるのです。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

仮想通貨全体の動きを考えると、ビットコインは、他の仮想通貨との交換のことに注目点が集まってくることでしょう。 交換には取引所を利用する必要があるのですが、取引所を利用せずに全く他の仮想通貨を交換することが可能となる分散取引の技術が産まれています。

この分散取引の大きな特徴は、交換する時の手数料が低くて抑えられて、取引所の状況に関係なく、様々な用途に合わせて仮想通貨を利用することかできるようになります。 そのために、利用する人々の利便性が高まり、ビットコインも、ビットコインを始めとするいくつかの仮想通貨との

市場に定着するような形で需要があると思われます。

  • 1、手数料が大幅に無料であるサイトが出たこと。
  • 2、送金スピードが4倍の速度
  • 3、発行上限も通常の仮想通貨の4倍

1、手数料が大幅に無料であるビットコインのサイトが出現したこと。

これまでの仮想通貨の常識を覆し更に、浸透させるキッカケとしまして、TAOTAOでは、手数料全て0円と言う形でビットコインにおける導入のしやすさ、そして、浸透力をもたらしてくれる形になると思われます。

まずは驚くべき点が、口座管理手数料が0円であること、口座管理料として、口座開設手数料、口座維持手数料金がレバレッジ取引で0円であることです。取引手数料、ロスカット手数料、建玉管理料、入出金手数料、入出庫手数料による預け入れ、預け出しに関する手数料も0円であることから、非常に将来性があり、ビットコインのユーザーが定着する条件が整っていると思いました。

2、ビットコインは、仮想通貨の改良版であることの優位性

ビットコインの開発の目的としましては、通常の仮想通貨の処理速度を大幅に向上をすることを目的で作られましたので、それは、処理速度が全体的に向上することによりまして、よりスピーディーな取引で、まず、「ハッキングされにくい」と言うのが一つのポイントであると思われます。

やはり、取引の時間が少なければ少ない程、ハッカーによって解析されにくかったり、スピーディーな取引でお互いが満足できる形になりますので、防犯面につきましても、取引上におきましても、通常の仮想通貨と比較して、優位な立場で取引ができると言う形になります。ブロックの生成速度が非常に早かったり等、全ての機能におきまして、優位性が保たれる形となります。

3,発行上限が通常の仮想通貨の4倍

発行速度が通常の仮想通貨の4倍と言うこともありまして、大きな取引をされる方につきましては、分散して投資する必要もなくなりますので、大掛かりな取引をされる際におきましても、活用することができる形になります。またビットコインの開設も非常に簡単であり、2段階認証を経て安心してログインできる形でありますので、信頼性も保たれます。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

仮想通貨全体の教訓として、やはりユーザーの間に今でも残っておりますのが、乗っ取りであり、仮想通貨が全てハッキングされる形になり、消失してしまうと言う事態が今だに過去の事例として教訓となり、脳裏に残っておりますが、その対策として、ビットコインでは非常にスピーディーな処理能力でセキュリティー面も強化されることになりますので、より安心して仮想通貨が浸透する形になるのではと考えております。

また、防犯面につきましても、ビットコインで新たな対策が講じられる形になりますので、また仮想通過ブームが再来するのではと思います

ビットコインは2020年以降将来性あり、半減期による下落などは一時的→今後は安定を予想

  • 1.実用性に優れているから
  • 2.大手企業との提携に積極的だから
  • 3.技術面での発展も期待できるから

1.実用性について

ビットコインは価値こそビットコインよりも低いといわれていますが、その実用性には眼を見張るものがあります。その一つがブロック生成時間で、ビットコインの10分に対してビットコインは2.5分で可能なため、スムーズに支払いをすることができます。

すぐに承認されるというのは使い勝手がかなりよいものとなるでしょう。送金手数料もビットコインと比較するとかなり安価なので、今後送金手段の一つとして採用されることも増えてくると予想します。実際アメリカなどではかなりメジャーな仮想通貨として進出しているようですから、日本においても普及してくる可能性は十分に考えられると思うのです。すでにビットコインを活用できるLitePalも好調なようですから、今後ますます実用的な分野に伸びてくるのではないかと考えます。

2.大手企業との連携について

ビットコインは、例えばゲーム配信会社のSteamなど、ここのところ大手企業が決算方法として導入することが多くなっています。
実用性の部分で触れたとおり、素早い送金や手数料などビットコインの魅力を加味すると、今後もビットコインを採用する企業というのは増えていくと予想できるのではないかと考えています。

提携企業が増えればそれだけ知名度も増し、そこからまた広がっていくということも考えられるでしょう。

3.技術面の発展について

ビットコインの次に歴史があるといわれているビットコインがここまで前線で健闘しているのも、積極的な技術開発が行われているからという一面があるのが関係しているように思います。代表的なものといえば「SegWit」ですね。

また、それらの技術を開発するコミュニティの活動が活発に行われているというのも、今後の発展を考える上では重要です。その点ビットコインはかなり活発的に動いており、そのコミュニティによって新技術はもちろん、問題が発生した際にも迅速に対応することができるという強みがあります。

コミュニティが積極的に動いているうちは発展の可能性を十分に感じることができると予想します。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

現在一度仮想通貨バブルが弾けてしまった後の状態であるため、これ以上落ちていくことはないと考えます。むしろこのバブル崩壊によって知名度が向上したといっても過言ではないため、注目する人や技術開発をする人が増えていき、より良い状態を作り出すことができるようになるのではないかと思います。

また、仮想通貨が一般的になりつつある昨今だからこその法整備なども進められているため、今後仮想通貨がより一般的に浸透していくようになるのではないか、というのが個人的な意見です。

2020年以降の「ビットコイン」の将来性としては、需要が増えれば将来性はあると思います。

  • 1.「金(gold)」より価値が低いので使いやすいからです
  • 2.決済サービスも充実している
  • 3.一般に浸透の可能性が高い

「ビットコインは金より価値が低い=使いやすいし試しやすい」

我々が普段使用しているお金は、ひとつひとつに価値があります。

例えばですが「ビットコイン」が金とします。そして、「ビットコイン」は銀とします。

銀は金よりも価値が低いので、使いやすいですし、試しやすいのです。

この事からもっと需要は高まり、一般人はもちろんことですが、企業でも「ビットコイン」を導入する企業が増えると考えたのです。

「決済サービスの充実!」

「ビットコイン」は決済サービスに力を入れているという特徴があります。

これはどういうことなのか?というと、素早く尚且つ安く、決済できる仮想通貨となります。

よって企業等との決済サービスの業務提携も積極的に行われているのです。

これが後2年後3年後となると、「ビットコイン」を使った決済サービスを導入する企業が増えれば、自ずと「ビットコイン」の需要・価値が高まります。

よって将来性があると考えたのです。

「一般人も気軽にビットコインの時代になると思います」

このように「ビットコイン」は、日常的に使う仮想通貨です。

これらが徐々に決済手段として我々一般人の住む世界に浸透してくる可能性が濃厚です。

よって一般人でも、気軽に「ビットコイン」でビジネスをしたり、商才のある人ならば新たなビジネスを生み出すかもしれませんね。

よって「ビットコイン」の将来性は決して暗いものではないのです。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

仮想通貨全体としては、有名な「ビットコイン」の需要も価値も高まっていくとは思いますが、僕は「ビットコイン」等の他の仮想通貨の需要や価値も高まっていくと思います。

それは今日や明日のお話ではないのですが、3年後5年後になった時に、スマホ片手に「仮想通貨」「ビットコイン」だなんてビジネスをしている人が増えていると思います。特に「ビットコイン」は実用性があり機能的な仮想通貨なので、需要は高まり「バブル」状態となると思っております。利益になると判断、皆がやると思います。

2020年に向けてビットコインに伴いながら、安定的な動き

  • 1、ビットコイン同様、誕生してから歴史がある
  • 2、地味で動きもあまりないため、変動もあまりない
  • 3、ビットコインが無くならなければ、ビットコインも無くなるということはない

1、ビットコイン同様、誕生してから歴史がある。

仮想通貨のコインの価値は、機能性で選ばれることがありますが誕生してからの歴史というものも大切だと思われます。
仮想通貨に限らず、全てにおいて長く続けば信用に繋がりますからある程度長い歴史のあるビットコインは、2020年以降も安定的な動きをすると思われます。

仮想通貨バブルが過ぎ、今は熱は冷めていますが、また何かのきっかけで、仮想通貨注目が集まればビットコインの価格が上昇することが考えられます。

2、 地味で動きもあまりないため、変動もあまりない。

仮想通貨のコインは、種類によって動き方に特徴があります。ビットコインが現在も基軸通貨なので、ビットコインを標準的な動きと
考えると、ビットコインは、あまり動きがありません。ビットコインの性能は決して悪いものではありませんし今までにない新しい性能が備わっているかという
そうでもありません。

クラスで言えば、普通の子という感じです。

投資者の心理として、当然分配をしながら投資をすることが基本ですからビットコインと自分の好きなアルトコイン、そしてとりあえず安定しているからビットコインに投資をする方が多いと思います。

仮想通貨のコインの動きは、投資者心理に左右されるところがありますかビットコインは、保険的な意味を含めて投資することが多いので
そのことがビットコインを安定的な動きへと導くのだと思います。

3、ビットコインがなくならなければ、ビットコインもなくなることない

現在仮想通貨のコインの種類は1000以上と言われています。しかし頻繁に取引されているのは100もありません。その中で常に上位の取引高を占めているのは、歴史のあるコインだけなのです 。

今後もこの動きが変わることはあまりないでしょう。ビットコインの知名度は、非常に高く日本の取引所でも、ビットコインが取引できないところはあまりないと思います。それだけビットコインが信用されているということになります。

もしビットコインがなくなるということがあるならば、それは主要通貨であるビットコインがなくなるということしか現時点では考えられません。

そしてビットコインに伴って他のアルトコインが動くということもあまり変わりはないので、2020年かけてビットコインの上昇に伴って少しずつビットコインが上昇するということは考えられますが基本的には目立つ動きはあまりないのではないでしょうか。

ビットコインの上昇を考えるとすれば、ビットコインの半減期に伴ってビットコインが若干上昇することぐらいです。しかしビットコイン、もしくは仮想通貨全体に悪影響を与えるような
ニュースが飛び込んできた場合は、価値が下がる可能性が十分考えられるのでそこは注意したいところです。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

仮想通貨の今の動きは、バブルが過ぎて停滞している状況です。 バブルの再来がやってくることは、すぐにはないのではないでしょうか。

一度冷え切った市場は、前の活気を取り戻すには時間がかかるからです。 依然として仮想通貨市場は問題が山積しており、それを一つ一つ クリアしている状況です。 仮想通貨市場を脅かすニュースも毎年ありますし 他の市場と比べると不安定であります。 しかし、日本でもデジタル通貨を広げようという動きは これからも続くので、時間をかけながらも仮想通貨に いずれは活気に戻るのではないでしょうか。

将来性があると考えます。特に2020年は上半期において価格が上昇する期待もできます。

  • 1.機能性に優れているから。
  • 2.ビットコインの価格上昇の影響を受ける可能性があるから。
  • 3.時価総額が上位の通貨だから。

1.ビットコインの機能性について

ビットコインは、機能面でビットコインに似た通貨です。
しかし、ビットコインでは「セグウィット」という技術を採用しブロックサイズを大きくしたため、ビットコインよりもデータ処理が素早くできます。
また、ビットコインは「ライトニングネットワーク」を導入しています。
ライトニングネットワークは、ブロックチェーンに書き込むデータを簡素化し、送金時間の短縮や送金手数料の削減を可能にする機能です。
高性能な技術の搭載によって、ビットコインは実用面で使い勝手の優れた通貨です。
実際に仮想通貨の実用化が進んでいけば、ビットコインよりも利用しやすい通貨になる可能性があります。

2.ビットコインの価格について

2020年はビットコインの半減期に当たる年です。仮想通貨の取引を検証し、承認することをマイニングと言いますが、このマイニング報酬が半分になるのが半減期です。
希少性を高め、通貨としての安定性を維持するのが半減期の目的です。

ビットコインの半減期は2020年の上半期になると予測されており、半減期に向かって価格の上昇が起こるケースが一般的です。ビットコインも2019年に半減期がありましたが、やはり価格は半減期に向かって上昇していきました。ビットコインを含むすべてのアルトコインは、基軸通貨であるビットコイン価格の影響を大きく受けます。

ビットコイン価格の上昇は、アルトコイン全体の価格上昇につながる可能性があります。

そのため、ビットコインに関しても、ビットコインと歩調を合わせる形で価格上昇の期待ができます。但し、ビットコインの半減期終了後は、価格下落の影響を受ける可能性もあります。
一時的な価格の上昇や下落はこれからもありますが、2020年以降の長い目で見れば、ビットコインの機能性の高さは好材料と言えます。

3.ビットコインの時価総額について

ビットコインは、2011年に公開された歴史の古いアルトコインです。

時価総額は第6位(2019年11月現在)であり、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなどと共に最もメジャーな仮想通貨の一つです。世界中に数多くのアルトコインが存在しますが、中には信頼性の極めて低いものもあり、仮想通貨全体の不安定要因の一つになっています。

そのため、一定の信頼性が確立されているビットコインは投資先として安心感があり、仮想通貨投資を考える場合に候補になりやすい通貨の一つです。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

仮想通貨市場は相場の変動が激しく、現状としては投資家にとってリスクの大きい市場です。今後は法整備やセキュリティ対策が進み、市場の信頼性が確保されていく中で大口投資家の参入が促進され、価格上昇につながる期待があります。仮想通貨のデリバティブ取引も市場の流動性を高める大きな原動力になる可能性があります。仮想通貨市場はビットコインの価格に大きく影響を受けるため、基軸通貨としてのビットコインが今後どの程度の安定性を確保していくかも注目すべき部分です。

ビットコインの将来性に対しての中立意見

決済手段として採用する企業が多いですが価値が下がると予想します。

  • 1.価値が小さく使いやすい
  • 2.インフレを抑えるため
  • 3.ライトニングネットワークの導入

1.価値が小さく使いやすい

ビットコインはビットコインを補うために生まれてきた仮想通貨で、価値が小さくて幅広く使いやすいことが特徴です。仮想通貨は決済サービスをスムーズにできるため、ビットコインは1枚の価値が高くて高額のものに限られます。

しかし、ビットコインは1枚の価値が低くなり低額の商品との取引にも使いやすく、決済手段として使うとスムーズにできて便利です。最近では現金より仮想通貨を使うと取引をしやすくなるため導入する企業が多く、今後は汎用性を生かしてビットコインよりも需要が高くなると予想できます。

2.インフレを抑えるため

今後はビットコインのマイニングが少なくなることが予想され、マイナーに支払われる報酬が少なくなります。なぜなら、ビットコインの発行枚数は無制限ではなく制限があり、それとともにマイニングができる量も少なくなる仕組みです。

このため、インフレが起きてしまうため採掘者に支払われる報酬が減り、需要と供給のバランスによって変化します。価格の変動は下落する直前は2ヶ月ほど前に上昇してから安定していたため、次回もこのような傾向が起きるようです。

3.ライトニングネットワークの導入

ビットコインのメリットは送金速度がビットコインの4倍になり、取引にかかる時間を短縮しました。管理する団体や組織がいないためブロックチェーンのネットワークの安全性が保たれ、ブロック生成速度がビットコインの4倍のためサイズの圧縮が可能です。

Segwitはライトニングネットワークの導入をしやすくなり、スケーラビリティ問題を大幅に改善しています。取引内容は最初と最後のもののみブロックチェーン上に記録され、少額で多くの決済があっても手数料がほとんどないことが魅力です。ライトニングネットワークは処理速度を高めることが可能で、ビットコインを使った取引が増えると予想されます。ビットコインの発行枚数は制限されていますが、ビットコインよりも使い勝手が良くて利用者も増える可能性が高いです。

仮想通貨は今後どうなると予測しますか?

仮想通貨はビットコインの高騰があり、大手の企業が事業に参入するようになっています。しかしながら、最近では大幅に下落するなど不安定な動きがあり板取引を禁止されると厳しくなると思います。

最近では仮想通貨を使った取引も多く、現金よりスムーズにできるなどメリットがあるため投資対象にする投資家が増えるかもしれません。しかし、政府が法規制をして仮想通貨で得た収入に対して税金を引き上げる可能性もあり、状況によっては少なくなると言えそうです。